加齢による歯の黄ばみ

年齢を重ねると歯の表面にあるエナメル質が薄くなってきしまって
その内側にある象牙質という部分の色が目立ってしまい歯が黄色く見えて
しまうということがあるそうです。よく加齢による象牙質の変色と言われたり
もしますが元々乳白色をしている象牙質という部分が年齢を重ねると黄色く
変色してくるのである意味では仕方のないことだと言えるでしょう。歯の
内側のことだからそれを白くするのは不可能かと思ってしまいますが実は
ホワイトニングをすればこのようなことが原因による歯の黄ばみを白く
することはできます。最終的な奥の手としてはマスキングと言われる
歯の上からマニキュアのように白く塗ってしまう方法なのですがそれ以前にも
対処の仕方というのはたくさんあるので諦めないほうがいいでしょう。
ホワイトニングジェルなんかでも歯の内部に浸透するタイプのものも
あるのでそういった商品を使っても落とすことができるかもしれません。
いろいろな方法を調べているとわかりますが歯を白くするのはそんなに
難しいことではないということですね。
歯を白くする 歯磨き粉

Comments are closed.