とりあえず外貨預金で運用

老後資金のニュースなどを見るたびに、やはり老後の蓄えを今からしていかないとダメかなあと思っていました。
貯金は多少ありますが、それ以外に特に何もしていません。
そこで、個人年金はどうだろうと思い、全労済のねんきん共済でシミュレーションしてみました。
しかし、一括払いをしないと、結局資産が増えないことが判明。
貯金できない人には、月々決まった額が引かれたり、年金として受け取るときに毎年決まった額が支払われるという点でメリットがあるかもしれませんが、私にはあまり得ではないと感じたのでやめました。
探偵社 費用
本当はなんらかの投資をしたほうがいいのでしょうが、素人ゆえ株やFXは怖くてできません。
ひとまず、円安で比較的はじめやすく、かつ金利もいい外貨定期預金をはじめてみました。
円高のときに預け入れ、円安になったら払い戻せば利益が出るのでわかりやすいです。
放置していた円預金の一部を外貨定期に預け、気長に増えるのを待っています。
こんなのんびりしてて老後に間に合うのかと言われそうですが、なにもしないよりマシかなと思ってます。
今後の日本の景気次第で、株式などもはじめやすくなるかもしれないし、円定期でも昔のように高利子になってくれるかもしれませんし。
あるいは、老後資金に向いた新しい金融商品も出てくるかもしれません。
1つの方法で資金を全部運用しようとせず、様子見しながらコツコツ貯めていきます。

Comments are closed.