初めてのマイカー購入体験

私が独身時代の話。
そのとき私は初めて自分で車を買いました。
小さな軽自動車だったけれど、
紺色で新品でピカピカしていて、
本当に嬉しかったことを覚えています。
そして、慣れるために練習を兼ねて、
毎日少しずつ近所をドライブしていました。
そして、三日目、それは起きました。
赤信号で停車していた私。
確か、交差点で先頭から3代目くらいでした。
青信号に変わったので発進しようとしたところ・・・
ドンッとすごい衝撃がしました。
私の車に何かぶつかってきたのです。
一瞬ボー然としましたが、その後車を降りてみると
後ろにでっかいトレーラーが止まってました。
そのトレーラーが、私の車にぶつかったのです。
トレーラーの運転手は、すいませんと言って
少し離れたところで電話で誰かと話し始めました。
しばらくして、警察が来ました。
もう、ほんとに、泣くに泣けません。
納車三日目で、私の新車は後ろがボッコリ凹んでしまった。
こんなことなら、練習なんてするんじゃなかった。
警察に納車三日目なのに!と訴えたら
「そういうもんなんだよね~」って。
まったく警察ものんきなもんだ。
トレーラーの運転手は、信号に気を取られて
前に止まっている私の小さな車の存在を
すっかり忘れてたようでした。
初めての新車購入体験は、苦い思い出です。

Comments are closed.