歯は削れば白くなる

歯の着色汚れとかってありますよね。歯磨きは自分磨きなんてCMがやっていますが
やはりちょっと歯が見えた時にある程度手入れされていないとそれだけでも清潔感が
なくなってしまいますから注意が必要です。とは言っても虫歯にならないための
歯磨きと着色汚れが付かないようにするための歯磨きとはまた別の問題でしょうね。
市販の歯磨き粉でも着色汚れの原因となるステインを落とす商品はあると思いますが
やっぱり効果が弱いというかあくまでも予防ぐらいの役割にしかならないなというのを
使っていた感じました。ガッツリと黄ばみがついている場合とかだともうそれは
歯磨き粉レベルで落とすことは難しいでしょうから歯医者とかにいってクリーニング
してもらうのが一番でしょうね。ちなみに歯医者のクリーニングもそうですが
ホワイトニングでも歯を削って汚れを落とすというやり方があります。
よく歯を削るとエナメル質が弱ってということを聞きますがある程度であれば
歯には再石灰化という能力があるのでそこまで問題にはならないでしょう。
歯医者とかホワイトニングをする審美歯科とかだとこの絶妙な加減がわかっている
のでいいのですがたまにある自宅で歯を白くするための方法なんかではそういった
ことを考えずにとにかく削れば歯は白くなるみたいなのがあるので注意する必要があります。

Comments are closed.