お祝いの時に贈る花

お店が開店した時や開業した時にはお祝いにお花を贈ることが多い
ですね。なぜお花を贈るのかというのはちょっとわかりませんが
昔からの風習というところでしょうかね。まあ華やかなお花が並んで
いると見た目にもいいでしょう。昔一緒に働いていた人に言わせると
しっかりとその場所に根付くようにという意味を込めて贈っていると
言われてことがあって、なるほどと妙に納得したのですがこれが
本当の意味なのかは定かではありません。お花と言ってもいろいろな
種類がありますが開店祝いにはこの花を贈らないといけないという
定義はありませんが一般的に多く使われているのは胡蝶蘭ですね。
胡蝶蘭というと高級な花として知られていますが、花の大きさなどに
よって値段にもかなり開きがあって最上級のものだと数十万円も
する胡蝶蘭があるそうです。実際に見たことはないのですがネットで
写真を見る限りではかなり花の数とかも多くてびっくりしますね。
まあ開店祝いなどに使われる花でこれだけ高級なものを買う人は
いないと思いますがいったいどんな人がこれだけ高級なものを
買うのかとか売れ残ったらどうなるのだろうと考えてしまいますね。

Comments are closed.