不動産投資と税金について

不動産投資にかかる取得税というのは、
不動産を取得した時に一回だけかかる税金のことを言います。
不動産取得税は、有償、無償、あるいは、登記の有無にかかわらず、
不動産を取得した時には、必ず一度だけ課されるものです。
不動産取得税は、購入後に都道府県から通知がきて、
それから納税するようになっています。
しかし、自治体によっては、その納入方法が異なるケースもあるので、
事前に確認しておくべきでしょう。
不動産取得税は、土地、家屋の取得に対して課税される税金で、
不動産の価格というのは、実際の購入価格や建築工事費を言うのではなく、
土地や家屋を売買、贈与、交換などにより取得した場合に、
市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格を指します。
そして、家屋を建築、新築、増築、改築などした場合に、
不動産を取得した場合には、総務大臣が定めた固定資産評価基準で評価された
価格が、不動産取得税になります。
しかし、相続により不動産を取得した場合や、
公共の道路などの用地を取得した場合、
また、法人の合併もしくは一定の要件を満たす法人の分割によって不動産を取得した場合には、
不動産取得税はかかりません。
引越し 相場 3月

Comments are closed.