睡眠への不満

睡眠に不満を抱えている人は日本人には多いみたいですね。確か何かのデータでは
5人に1人は睡眠になんらかの不満を抱えているという結果が出ていたと思います。
睡眠への不満というとなんとなく眠れないということをイメージしてしまいますが、
その中でもいろいろなパターンがありますし、逆に眠りすぎて困っているという人も
いるようなので一概に睡眠障害=眠れないということではないみたいですね。
ちなみに不眠症の中でもパターンは人それぞれだと言われています。なかなか
寝付けない人や寝たと思ってもすぐに目が覚めてしまう人、朝早くになると目が覚めて
しまう人などいろいろなパターンがあってそれによっては取るべき対策も違って
くるそうです。自分も一時期なかなか眠れなくて困っていた時期がありましたが
その時は寝付きが悪いということだけでした。なので一度寝てしまえば問題はなく、
朝もスッキリ起きることができていたのでいかに早い段階で眠るかということを
毎日のように考えていました。ただ考えすぎると逆に眠れなくなってしまうことも
あるので取るべき対策を取ったら後は何も考えないのがいいのかもしれません。

Comments are closed.